万年筆を使って人生変わった

人前で字を書くことがコンプレックスだったけど、万年筆を使いはじめて字を書くのが楽しくなった!

トラベラーズノートとPLOTTERのいいとこ取り

TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)とplotter(プロッター )のいいとこ取りパスポートサイズ編です。

f:id:brassnavy:20191230205058j:image

上記の写真は完成したTRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)パスポートサイズです。外側はトラベラーズノートですが、中身はシステム手帳になり、ペンホルダーはplotter(プロッター )のリフィルを使用しています。

 

それでは、TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)パスポートサイズのシステム手帳化のご紹介です。


f:id:brassnavy:20191230205123j:image

まず、TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)パスポートサイズのリフィルのクラフトファイルとシステム手帳の金具を用意します。システム手帳の金具については、今回は背板有りのタイプを使用します。ビスで止めるタイプは金具のサイズが大きいので、パスポートサイズには、こちらの背板のタイプの一番リング径が小さいB7タイプ(リング径10mm)がおすすめです。


f:id:brassnavy:20191230205107j:image

そしてクラフトファイルにシステム手帳の金具を取り付けます。


f:id:brassnavy:20191230205118j:image

背板で止めるタイプは一度取り付けると外すことができないので、位置をしっかりと決めて取り付けます。
f:id:brassnavy:20191230205129j:image

爪を押し込むと金具とクラフトファイルが装着されます。


f:id:brassnavy:20191230205102j:image

そして、次に準備するのは、先ほど作成したクラフトフィルに取り付けたシステム手帳のパーツとTRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)パスポートサイズのジッパーケースと連結バンドです。


f:id:brassnavy:20191230205126j:image

ジッパーケースをTRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)パスポートサイズに通常通りゴムを通して装着します。
f:id:brassnavy:20191230205114j:image

そして、ジッパーケースのポケットに、クラフトファイルを差し込みます。
f:id:brassnavy:20191230205110j:image

反対側は、クラフトファイルとジッパーケースを連結ファイルで1つにします。

これで完成です。

 

最初は元々トラベラーズノートについているゴムにクラフトファイルを差し込んでいたのですが、どうしてもシステム手帳の金具があるので、トラベラーズノートのセンターに金具がこずズレてしまいます。

f:id:brassnavy:20191230212610j:image

この装着方法だと、ジッパーケースとクラフトファイルを連結バンドと挟み込みで固定し、ジッパーケース自体をトラベラーズノートのゴムに挟んでいるので、ちょうどセンターにきます。

 

コンパクトな金具なのでかさばらず、スタイリッシュに持ち歩けます。

コンセプトが大好きなTRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)と使い勝手がいいシステム手帳の中で大好きなplotter(プロッター )のいいとこ取りができました。

 

大切に使います。

 

TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)レギュラーサイズのシステム手帳化は、前回の記事にしましたので、よかったらそちらも参考にしてください。

 

www.brass-navy.com

 

 

インスタグラムも宜しくお願い致します↓↓↓

https://www.instagram.com/p/B6sgag3pMGj/

#トラベラーズノートパスポートサイズシステム手帳化 付け方を少し変えて、プロッター のペンフォルダも装着。これで、トラベラーズノートとプロッター のいいとこ取り。#トラベラーズノートパスポートサイズ #bungu #文具 #トラベラーズノート #plotter #travelersnotebook #手帳

トラベラーズノートとシステム手帳の良さを兼ね備えるトラベラーズノートシステム手帳化

トラベラーズノートは大好きなんですが、システム手帳の使い勝手が良く、最近はplotter(プロッター )のシステム手帳を使ってました。

 

そこで、トラベラーズノートにシステム手帳の金具を取り付けてシステム手帳化している皆さんのSNSを見て、是非作ってみたいと思い、早速金具を買って、トラベラーズノートをシステム手帳化してみました。

f:id:brassnavy:20191230101200j:image

まず、トラベラーズレギュラーサイズブルーとクラフト社のシステム手帳金具を準備しました。システム手帳の金具は様々なメーカーから発売されていて、店舗だと東急ハンズとかで買えます。後、ネットだと色んなバリエーションがあるので、ネットで購入するのもおすすめです。

後、金具には二種類あって、背板を引っ掛けて使うタイプとビスで取り付けるタイプがあります。今回はしっかりと固定したかったので、ビスで取り付けるタイプを使っています。


f:id:brassnavy:20191230101217j:image

そして次に、最初にトラベラーズノートに取り付けられている金具とゴムをハサミで切ります。その後、金具を取り付ける位置に穴あけパンチで穴を開けます。穴を開ける所は金具を当ててズレがないように印をつける事がポイントです。穴あけパンチは、ベルトの穴を開けるような革用の穴あけパンチを使用します。こちらはAmazonで買いましたが、東急ハンズなどでも売ってるかと思います。

f:id:brassnavy:20191230101148j:image

穴を開けたら、そこにビスのパーツを通します。

f:id:brassnavy:20191230101209j:image

中の方からビスのパーツをつけて留めるのですが、今回はオプションのクリアケースも装着したかったので、同じように穴あけパンチで穴を開けて一緒に綴じ込みます。

f:id:brassnavy:20191230101204j:image

上からビスのパーツをマイナスドライバーで取り付けます。しっかりときつくネジを回して閉じれば固定完了。

f:id:brassnavy:20191230101153j:image

トラベラーズノートの方がシステム手帳のバイブルサイズより大きいので真ん中に取り付ける形になりますが、これがまたちょうどいいんです。トラベラーズノートはA4三つ折りの書類も挟めるし、チケットなども挟めます。

f:id:brassnavy:20191230104455j:image

リフィルを取り付けるとシステム手帳化の完成です。

f:id:brassnavy:20191230101213j:image

f:id:brassnavy:20191230101156j:image

閉じた所を外側から見ればトラベラーズノートです。トラベラーズノートが発売された時、トラベラーズノートに魅了されてずっと使っていたのですが、どうしてもシステム手帳の使い勝手が良く、最近はトラベラーズノートから離れていたのですが、大好きなトラベラーズノートをシステム手帳として使えるなら、こんな最高な事はありません。

 

トラベラーズノートの良さとシステム手帳の良さを兼ね備えた手帳ができので、2020年はこのスタイルで使っていきたいと思います。

 

トラベラーズノート レギュラーサイズ ブルー 15239006

トラベラーズノート レギュラーサイズ ブルー 15239006

  • 発売日: 2018/03/29
  • メディア: オフィス用品
 

クラフト社 バインダー N17.5cm 1827-01

クラフト社 バインダー N17.5cm 1827-01

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

アイメディア スピード穴あけパンチ

アイメディア スピード穴あけパンチ

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

インスタグラムも宜しくお願い致します↓↓↓

https://www.instagram.com/p/B6qVDLtppxO/

あくあさん、himariさんのトラベラーズノートを見せてもらって、どうしても作りたくなり、#トラベラーズノートシステム手帳化 しました。以外と簡単にできました!早速クリアオイルを塗って、大事に使いたいと思います。#bungu #文具 #トラベラーズノート #travelersnotebook #travelersnote #ystudio #ystudiostyle

 

ワイヤレスイヤホンは手頃なものから始めてみる。

 

f:id:brassnavy:20180705063454j:image

随分前に買ったものですが、現在も継続して使っているので、記事として残しておきたいと思います。

 

ワイヤレスイヤホンについては、過去記事で違う商品を紹介しています。

 

www.brass-navy.com

 

この前回紹介したものと、今回のものとの違いは、コードがあるかどうかです。

ただ、コードはありますが、iphoneなどの機器に繋ぐ必要はなく、Bluetoothで接続が可能です。

 

前回のものは、コードが何もなくて片方ずつ耳に装着する仕様でした。

 

今回ご紹介のJVC HA-EB7BT-Zは、コードがあるので、両方の耳のイヤホンが繋がっています。

 

個人的には、このコードがある方が落とす心配もなく、首の後ろへコードを回すことで、気になることもなく安全かと思います。

 

コードがないタイプだと、充電するために収納するケースで勝手に外れて、自動で接続されて、電話がかかってきた時などに、イヤホンに自動接続されているために、イヤホンから通常通話に切り替えるなど操作をしなければいけません。

 

でも、こちらの商品だとその心配もなく、電源をOFFにしておけば、勝手に自動接続されるようなことはありません。

 

肝心の音ですが、この価格のものだと、普通のイヤホンとさほど差はないですね。

 

快適です。

 

ただ、再生時間が短いのがちょっとネックですね。

 

普段の通勤などでは問題ないのですが、新幹線や飛行機など長距離移動の時などに使うには不向きですね。

 

色もおしゃれで使いやすいイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンは種類が多いので、まずは手軽な価格でつかえるイヤホンから試して見て、自分のスタイルに合ったイヤホンを見つけてもらえればと思います。


f:id:brassnavy:20180705063448j:image
f:id:brassnavy:20180705063500j:image

 

 

 

インスタグラムも宜しくお願い致します↓↓↓

https://www.instagram.com/p/BynSFhKJdUg/

ラッキーカラーの赤に次いで、ミント系の色の収集グセあります。#LAMY #LAMY限定 #ミント #ミントグリーン #ターコイズ #ティファニーブルー #LAMYサファリ #KAWECO #カヴェコ #ワイヤレスイヤホン ホン #bungu #文具 #万年筆 #アップルウォッチ #AppleWatch #マリン #marine #青緑愛好連盟 #ブルーマカロン #mint #ラッキカラー #lamysafari #ラミー #kawecosport #アイスブルー #Tiffanybull #Tiffany